横浜市社会福祉士会メールマガジンのバックナンバーです


by hama-sw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メルマガ“赤レンガ”創刊号

◆◆--------------------------------------------------------------◆◆
  “赤レンガ” ・横浜市社会福祉士会メールマガジン・
    2004.8.31  vol,1(創刊号)
◆◆--------------------------------------------------------------◆◆
=C O N T E N T S=
▽巻頭言−創刊号発行のご挨拶−
▽事務局より
▽連 載−私のしごと−
▽情 報 
▽読者の声
▽ひと休み
▽編集後記

----------------------------------------------------------------------
■巻頭言■横浜市社会福祉士会 会長 須田幸隆
 平成16年度版総務省編集の情報通信白書(いわゆるインターネット白書)によれば、日本のインターネット利用者は、7,730万人に達し、人口普及率は60%を超えるとされている。E−Mailはもちろんインターネットの機能のひとつである。E−Mailがこれからの社会を変えるとも言われる。
 この認識の上に立って、横浜市社会福祉士会は設立当初より独自のホームページを持つと同時に、会員のE−Mailアドレス収集に努めてきた。そして、いち早く会員用ML(yacsw@freeml.com)と
役員用ML(hama-sw@freeml.com)を設置し、事務連絡、情報発信、デスカッション等のツールとして使ってきた。因みに会員用MLへの登録は既に、100名を超えている。
 さて、今度はメールマガジンの発行である。当面は登録会員だけへの発行であるが、まぐまぐ等専用のメールマガジン発行ソフトを使えば、外部の購読希望者への配信も可能になる。そうなれば、社会福祉士の社会的認知向上にも役立つことでしょう。
 情報発信のツールとしては、時代の最先端を行くメルマガである。ペーパーの情報紙にとらわれない、斬新で、スピーディーなユーモア溢れるものにしていきたい。

----------------------------------------------------------------------
■事務局より■
★9月5日ウイリング上大岡にて「車座集会」を開催いたします。会場が和室ですので、文字通り車座になって、本音を語り合えたたらと考えております。
皆さんの参加をお待ちしております。
・日 時:2004年9月5日13:30〜16:30
・場 所:ウィリング横浜6階和室
・テーマ:一応「組織率アップに向けた徹底討論」
・申込み:県士会事務局

★11月20日にも研修を企画しています。社会福祉士が地域活動を実践する上での方法論をワークショップ形式で行う予定です。講師はさわやか財団の木原勇さんです。詳細は後日お知らせいたします。
★今年度は続々楽しい事業を実施していくつもりで役員一同はりきっておりますが、なにぶん本業の方もこなさなくてはならず、人手不足がちです。11月の研修のお手伝いをいただける方、募集します。また、こんな研修をして欲しいなどなどありましたら積極的に提言していただけたらと思います。

----------------------------------------------------------------------
■連 載■−私のしごと− 第1回:田辺由美子さん
私は、現在癌専門の免疫療法クリニックにおいて患者さんや家族の方々からの電話相談・カウンセリング・予約業務などの仕事に携わっております。
 患者さんの多くは末期癌に侵されて再発・転移があるため、わらをもすがる思いで電話をかけて来られます。患者さんの中には癌と宣告されてうつ状態や精神的に不安定な状態に陥る人もいます。そのためカウンセラー的な役割も必要となるので、電話という相手の表情が見えない手段を通して患者さんと信頼関係を築きニーズを把握するために、初回の来電時において患者さんの話を傾聴し、相手が何を訴えたいのか、何を求めているのかを会話を通して汲み取らなければならないので、カウンセリング能力や癌についての医学知識・治療方法などの専門知識も必要とされます。
 日本ではまだメンタルケアの部分においてのサポートが遅れているので、患者さんや家族・遺族などのメンタルケア面でのサポートを行うために、現在、同僚達と患者の会を設立する準備を進めています。

----------------------------------------------------------------------
☆情 報☆彡
【1】求人情報です!
★今回はありませんm(__)m
 ※求人情報の掲載を希望される方は事務局までご一報ください!お急ぎの場合は、「臨時号」という形でメルマガを配信します(^^ゞ

【2】サイト紹介
☆今回の一押しサイトは「保健福祉介護の総合情報サイトウェルwel.ne.jp」
http://www.wel.ne.jp/index.html    ←情報満載です(^o^)

----------------------------------------------------------------------
§読者の声§
 第2号から掲載を開始します。どしどし下記のE−Mailアドレスまで投稿してください。待ってます!

----------------------------------------------------------------------
£ひと休み£
 こんなサイトがありました!「疲れた心を癒してくれる!」かも…(^u^)
コマネチです⇒http://www.interq.or.jp/sun/yanagi/bakabaka.swf
 ☆みんなが楽しくなるような面白い情報がありましたらご一報ください!

----------------------------------------------------------------------
@編集後記@
 構想?ヶ月、ようやく“赤レンガ”第1号「創刊号」をお送りすることができました!なにしろ初めてのメルマガ発行。何をどうすれば良いのか全てが手探り状態。企画から誤字脱字のチェックまで慣れない作業の連続で、ちょっと(-。-;)状態に…でも無事(?)発行できたので今は(^0^)です!

 このメールマガジンの編集方針は、ずばり「元気になれるメールマガジン」です。今後は「支部の活動予定や報告」「研修の案内」だけではなく、私たち社会福祉士自身が「元気」になれるような情報も発信していきたい!そんな風に考えています。…でも今号は案内が多くなりました(>_<)
事務局もいっぱい頭をひねってみなさんが「元気」になれる企画を考えますので、みなさんもどうぞ提案やご意見がありましたら↓のE−Mailアドレスまでお寄せ下さい。

 最後までご覧いただき本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。

PS.創刊号だけで終わらないよう、頑張りますo(^-^)o (まつ)
[PR]
by hama-sw | 2005-04-14 07:15