横浜市社会福祉士会メールマガジンのバックナンバーです


by hama-sw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

        ●新年明けましておめでとうございます●
┌─────────────────────────────────┐
│─────────────────────────────────│
│━╋┓┏━┓│∴∴∴∴∴∴“赤レンガ”∴∴∴∴∴∴∴│∴━━┳━∴│
│∴┃┃┃∴┃│★-横浜市社会福祉士会メールマガジン-★│∴∴∴┃∴∴│
│∴┛┛┗━┛│∴∴_______________∴∴│∴∴∴┃∴∴│
│∴┏━━┓∴│∴∴2006年は戌年!ワンダフルな∴∴│∴∴∴┣━∴│
│∴┣━━┫∴│∴∴∴∴一年でありますように…∴∴∴∴│∴┃∴┃∴∴│
│∴┣━━┫∴│∴∴ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∴∴│∴┃∴┃∴∴│
│∴┗━━┛∴│∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴│∴┃∴┃∴∴│
│∴┛∴∴┗∴│∴2006.1.1vol,7〜新春号〜∴│━┻━┻━━│
│─────────────────────────────────│
└─────────────────────────────────┘
=C O N T E N T S=
▽年始挨拶
▽初  夢 「講談師神田織音さんとの連帯」−須田幸隆−
▽2005年を振り返って「10大ニュース」−須田幸隆−
▽横浜散歩 「其の壱」
▽エッセイ 「自分時間」−及川淳子さん−
▽報  告 「地域包括支援センターモデル事業報告会」−大友路子さん−
▽レポート 「成年後見制度の現状と課題」−西田ちゆきさん−
▽横浜散歩 「其の弐」
▽情  報 「介護サービス情報の公表に関わる調査員養成研修」他
▽いいもの紹介 −「反物」の世界−
▽おしらせ
▽編集後記

===========================================================
@年始挨拶@

★あけましておめでとうございます。
今年は、水仙の会(神田織音さんと連帯する会)をスタートさせて、新たな活動
に取組みますワン!<横浜市社会福祉士会会長 須田幸隆>

☆初春のお慶びを申し上げます。
今年は地域包括支援センターや高齢者虐待防止法がスタートします。まさに、顔
の見える社会福祉士としての権利擁護活動が期待されています。横浜市社会福祉
士会の成年後見委員会やかもめ座の活動をとおして、福祉倫理と実践スキルを身
に付けた信頼される社会福祉士を目指してお互いを磨き合いましょう。楽しみな
がら。今年もよろしくお願い申し上げます。(副会長 佐々美弥子)

★自立支援法に追われる一年になりそうですが、私も是非是非本当の意味で自立
した年にしたいです。今年も宜しくお願いします。<副会長 菅野善也>

☆“瑞気集門”
2006年が皆様にとって最良の年でありますように<事務局 松下圭一>

★あけましておめでとうございます。
支部ネットワークの広がりを今年も楽しみにしております。あちこちで「こんに
ちは〜」の輪が広がりますように。<広報委員 楠元貴子>

----------------------------------------------------------------------
◆初 夢◆ 須田幸隆
−講談師神田織音さんとの連帯−

肢体不自由養護学校ブロック大会支援の話の中から、講談師神田織音さんとお会
いする機会がありました。きっかけは、金沢区の斎藤聡子さんが朝日新聞に掲載
された神田さんの記事を見て、メールを出したことによります。05年11月2
8日(月)に斎藤、佐々、滝口、須田の4名で神田さんを中区の中村養護学校に
案内しました。昼食をとりながら障害者のこと、高齢者のこと、高齢社会の進
行、
介護問題、認知症、次々詐欺、成年後見制度、ホームレス等広範囲に福祉問題を
説明したところ、神田さんは成年後見制度に大変関心を持たれました。その後ご
自身でも、板橋区の障がい者週間記念行事の催しで「障害者の消費者被害につい
て」の講演・寸劇に足を運び、改めて「成年後見制度」の必要性を感じられたよ
うです。
神田さんは、03年に二つ目に昇進した新進気鋭の講談師です。新聞記事には、
「人生をかけて話す講談のテーマを、必死で探しています」とありました。神田
さんは、高校時代から芝居の勉強を始めたそうです。剣道もやっているとかで、
スマートなとても素敵な女性です。
私は、神田織音さん支援を大変重視しています。ひとつのソーシャルアクション
と位置付けています。この支援活動は、成年後見制度普及だけでなく、社会福祉
士の社会的認知向上の機会と捉えています。そのために、まずプロジェクトチー
ムを組みたいと思います。プロジェクトチームの名称は、水仙の会(神田織音さ
んと連帯する会)とすることを考えています。神田さんに初めてお会いした時か
ら決めていました。理由は、神田さんの凛としたイメージからです。寒風の中に
凛と咲く水仙です。今後物語をまとめるのに協力したいと思っています。完成し
たら、お披露目公演を横浜にしてもらえないかと密かに思っています。横浜市社
会福祉協議会の後援を受けて、横浜の福祉関係者に広く呼びかけ実施するので
す。
白根学園の飯山さんのピアノコンサートとジョイント出来たら最高です。司法書
士会と共同で成年後見相談会を併設してもいいかもしれません。かもめ座、はら
っぱ劇団の再上演も出来るかもしれません。会場は横浜開港記念会館など横浜に
相応しいところを探します。
これは、今年の初夢です。かなり実現の可能性のある初夢です。

★以下は神田織音夢の途中さんのホームページからの引用です。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/orine/index.html
<神田織音プロフィール>
高校時代から芝居の勉強を始める、約10年間芝居。
1998年   神田香織に入門
1999年4月 講談協会所属(神田織音)
1999年9月 前座
2003年4月 二つ目昇進  著書 「夢の途中」源草社

<朝日新聞 イチオシ!>
パン、パン、パン。釈台を張り扇でたたいて、高座の臨場感を一気に盛り上げ
る。
歴史的な名所名跡を巡るバスツアーの案内役やオーケストラとの競演など、講談
師の可能性に挑戦する…続きはこちらから↓↓↓
http://www004.upp.so-net.ne.jp/orine/itiosi.html
 
----------------------------------------------------------------------
@2005年を振り返って@ 須田幸隆
−10大ニュース−

1.かもめ座旗揚げ公演大成功
10月8日(土)中野地域ケアプラザで、かもめ座による涙あり笑いありの成
年後見劇「それでもここで暮らしたい」の旗揚げ公演を行いました。練習風景
は、神奈川新聞にも取上げられました。公演終了後、某ケーブルテレビ局から
は番組制作の申入れがありました。劇では先輩格のはらっぱ劇団にも参加しま
した。次の晴れ舞台を模索中です。

劇団かもめ座 BLOGはこちら→http://blog.goo.ne.jp/geki-kamome

2.総会とピアノ・バンドコンサートドッキング
 4月23日(土)、杉田劇場で総会が行われました。第二部の飯山文子さんの
ピアノコンサートでは、どこかで聴いた覚えのあるクラシックの調べに魅了さ
れました。水戸部北斗さんの率いるバンドには会場が割れんばかりでした。贅
沢な総会でした。

3.ユニークな研修
3月6日(日)ウイリング横浜の和室で、ゲシュタルトセラピーを体験し、参
加者には新たな気付きや発見があったと思います。11月12日(土)健康福
祉センターで、認識論(人はどういうカラクリで理解を深めるか)を学びまし
た。目から鱗が落ちるでした。

4.地域で進める成年後見制度普及
 1月29日(土)、磯子区地域活動「ホームりんごの森」で、障害者とその家
族を対象に、成年後見制度の概要と具体的な利用方法について講演を行いまし
た。無料相談会も実施した。こまめに地域を回ることが大事です。

5.講談師神田織音さんとの連帯
成年後見制度に関心を持つ講談師神田織音さんを支援する輪を広げます。物語
を作るプロジェクトチーム(水仙の会)を立ち上げることを検討しています。

6.地域包括支援センターで福祉局へ要請
来年度スタートする地域包括支援センターを巡って、7月19日(火)、10
月3日(月)と二度にわたり横浜市福祉局地域福祉課と話し合いを持ちました。
運営協議会への参画の意思を表明しました。

7.リーガルサポートとの連携
12月19日(月)、司法書士会と初の顔合わせを行いました。横浜市内を4
つの地区に分けて、地区ごとに一層連携を深めていくことになりました。

8.IT技術の活用
 今流行のプログを三つ開設しました。
 横浜市社会福祉士会 (URL:http://blog.goo.ne.jp/yacsw/)
 劇団かもめ座 (URL:http://blog.goo.ne.jp/geki-kamome/)
 メルマガ“赤レンガ” (URL: http://yacsw.exblog.jp/)
 メーリングリストとともに一層の活用を図っていきます。

9.中区民まつりへの参加
10月9日(日)、18区で最大の区民まつり(中区民まつり)に、昨年に引
き続き参加しました。子どもたちと一緒に作った風車は、会場(森林公園)内
でも人気の高いものでした。

10.どうした区連絡会
 大事にしている区連絡会の動きが今一つです。その中にあって、磯子・金沢・
港南区連絡会からは良く声が届きます。港北区連絡会も二つの区民まつりに参
加しています。青葉・都筑・緑区連絡会が産声を上げました。2月には都筑区
福祉大会に参加予定です。鶴見区連絡会も続いています。

----------------------------------------------------------------------
★横浜散歩★(其の壱)…瀬谷区“八”福神めぐり

七福神は世に数多くありますが、“八”福神はそうはありません!
詳しくは↓↓↓
http://www.welcome.city.yokohama.jp/tourism/mame/b4000.html(いし)

----------------------------------------------------------------------
*エッセイ*及川淳子さん
−「自分時間」−

突然ですが趣味はなんですか?あるいは何か打ち込めることはありますか?内
容は人それぞれでしょうがこれを私は自分時間と名付けてみました。仕事が忙し
いと、つい、この自分時間から削りがちです。私の場合はアマチュアのオーケス
トラでコントラバスを弾いていて月二回程合奏練習に参加しています。仕事がた
てこんでいる時機など正直さぼりたくなるときもありますがそこをちょっと無
理しても車に楽器を積んで練習に行き、音を合わせ、指揮者の棒に集中し、他の
楽器の音とリズムを体全体で感じているその時間は実に自分そのもの感じるこ
とができるのです。そして休符や楽章のあいま等にもう一人の自分がふと「だか
ら続けたほうがいいでしょ?」と言うのです。今年は仕事も社会福祉士会の活動
も忙しさがさらに増しそうです。より一層大事にしたいと思います。自分時間。

----------------------------------------------------------------------
☆報 告☆彡 大友路子さん
−「地域包括支援センターモデル事業報告会」に出席して−

先日、横浜市の「地域包括支援センターモデル事業報告会」に出席しました。
実施施設の報告の中に、今後の活動のヒントとなるものが沢山ありました。
私たちは社会福祉士として、総合相談を担うことになります。地域の方に信頼さ
れ相談されるためには、相談援助者としてのスキルの向上が必要です。同時に支
援センターの活動を知ってもらうことが重要になります。その中で、顔の見える
関係となり、様々な相談や、情報が入ってくるのではないか思いました。この活
動はもちろん一人では出来ません。支援センター内でチームで動くことはもちろ
ん、様々な方とネットワークを作ることが大切です。また、社会福祉士同士で顔
の見える関係を作り、ネットワークを作る必要があります。個人の力は小さいで
すが、小さい声が集まり一つの大きな声となり、制度を動かしていく力となりま
す。制度が未熟な時こそ組織化をすすめ、制度をよくしていく声として訴えてい
くことが重要だと感じました。まさにスイミー・・・・ですね。

----------------------------------------------------------------------
◆レポート◆西田ちゆきさん
−成年後見制度の現状と課題−

横浜市社会福祉士会会員の西田ちゆきさんが、保健福祉介護の情報サイト“ウェ
ル”において「成年後見制度の現状と課題」と題するレポートを書かれております。
是非ご一読ください。こちらより↓↓↓
http://www.wel.ne.jp/wf21/researchpaper4.html (まつ)
----------------------------------------------------------------------
★横浜散歩★(其の弐)…中華街で旧正月を満喫
日本にいながらチャイニーズカルチャーに触れられます!
詳しくは↓↓↓
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2005/0512/sp/051200sp_06_01.html
(まつ)

----------------------------------------------------------------------
【情 報】
1.−介護サービス情報の公表に関わる調査員養成研修−

平成18年4月から、利用者のサービス選択に資する仕組みとして「介護サービ
ス情報の公表制度」が施行されます。この制度は、利用者が介護サービスを適切
に選択するために、介護サービス情報の公表を事業所に義務づけるものです。

表に当たっては、事業所から提出された情報の内容が事実かどうかを、 民間の
調査機関から派遣された調査員が事業所を訪問して調査を行います。 この訪問
調査を行う調査員を養成するための研修を実施します。

●日  時
A日程:平成18年2月 1, 2, 6, 7, 8, 9, 14日
 時間:9:30〜16:30(会場受付:9:10〜)

B日程:
平成18年 2月15, 16, 20, 23, 28, 3月 5, 6日
 時間:9:30〜16:30(会場受付:9:10〜)

●会  場
横浜情報文化センター 6F 情文ホール
神奈川県総合医療会館 7F 大講堂

●対  象
研修(全7日間)に全日出席でき、平成18年度以降、民間の調査機関の調査員
として継続して勤務が可能な方
A日程(介護サービスの経験のある方を優先します)
B日程(介護サービスの経験のない方を優先します)

●定  員 各日程、200名(定員超過の場合は、書類選考となります。)

●参加費 15,000円

●申込方法
※詳細は下記のアドレスをご覧下さい(PDF)
http://www.rakuraku.or.jp/rakuraku/21/FileDir/CT80N2.pdf

******************************

2.“高齢者の介護、がんばりすぎていませんか?”
−高齢者虐待防止に関する講演会−

栄区役所にて、1月6日(金)に高齢者虐待防止に関する講演会を開催します。
講師は東京都立大学(首都大学東京)の副田あけみ先生です。

高齢者虐待防止法も成立し、今日的課題について考える良い機会となっていま
す。

●日時:平成18年1月6日(金) 13時30分〜15時30分
●テーマ:「すこやかな心で介護を支える〜高齢者虐待相談を通して〜」
●講師:副田あけみ先生
●会場:栄区役所 新館4階 8・9号会議室
●申込不要です。当日会場へお越し下さい。

※詳細は下記のアドレスをご覧下さい(PDF)
http://www.city.yokohama.jp/me/sakae/service/korei/pdf/kaigo_kouenkai.pd
f

----------------------------------------------------------------------
◆◆いいもの紹介◆◆ −「反物」の世界−

お正月といえば晴れ着。お着物を召す方が昨年から流行っているそうです。そこ
で今回は伝統工芸として細々と残っているお着物の「反物」の世界を一部紹介し
ます。多くの技術ある人の手によってできる品。反物だけでもここまで手がかか
っていることを思うと仕立てあがるまでの工程には重みを感じます。

☆結城紬(織りの世界;反物ができるまでの工程)
http://www.kougei.or.jp/crafts/0102/d0102-4.html

☆伊勢型紙(着物の文様を染める原版“型紙”の彫り方と彫りの種類)
http://www.mpec.tsu.mie.jp/kyoiku/kyouzai/MDBHTML97/MANU/MANU35/35.HTM

チェック→染めの型紙は江戸時代より伊勢が一手に引き受けています。
 江戸の小紋柄、京都の友禅柄も日本全国の柄はここで彫られて
いたのです。

☆江戸小紋(染めの世界;布に色をかけるまでの工程)
http://hirosesenkoujo.com/process/index.html


**おまけ資料**
1.結城以外の紬の着物
大島紬
http://www.oshimatsumugi.or.jp/

2.江戸小紋以外の染めの着物
京友禅
http://www.kyo-yuzen.or.jp/
加賀友禅
http://www.kagayuzen.or.jp/

(くす)
----------------------------------------------------------------------
◆おしらせ◆

○広報委員会では現在「メルマガ“赤レンガ”8号−春号−(仮称)」の4月上
旬発行に向けて準備を進めています。そこで今回、以下の募集を行います。奮っ
てご応募下さい。

1.フォトエッセイ…テーマ「よこはま〜おすすめの一景〜」

<投稿規程>
*コメントは (本文)は全角400文字以内。
*画像は2枚以内とし、サイズは640x480程度。
  (画像は必要に応じてこちらでトリミングorリサイズします)
*送付する際のメールタイトルは「赤レンガ投稿」とする。
*氏名orハンドルネーム、作品に対するコメントは必ず付ける。
*送信先 hamajimu@m03.itscom.net

 ※締め切り:3月末日
 ※セミナーや地域のイベント等の情報(200字程度)も随時募集中!!

●かもめ座旗揚げ公演の様子は以下のHPで紹介されています。
一度アクセスしてみてください(^^♪
☆横浜市社会福祉士会ブログ
かもめ座旗揚げ公演記事はこちら ↓↓↓
http://blog.goo.ne.jp/yacsw/e/34c82e960af8368f269735398f168858

☆劇団かもめ座HP
かもめ座旗揚げ公演記事はこちら↓↓↓
http://www.asahi-net.or.jp/~zi8y-SD/yacsw/geki/geki3.html

○「港北区連絡会ブログ」更新中!!
皆さんどんどんアクセスして下さい。あとコメントも書いてくださいね。
PC用アドレスはこちら → http://kouhoku.blog10.fc2.com/
携帯用アドレスはこちら → http://kouhoku.blog10.fc2.com/?m
お待ちしています!

======================================================================
@編集後記@
◆2006年が始まりました。そして元日の本日“赤レンガ”第7号「新春号」
をお送りすることができました。(^o^)
◇迂闊続きで年末パニック。編集長にはご迷惑かけました。アハハ。(くす)
◆最後までご覧いただき本当にありがとうございました。これからもどうぞ
よろしくお願い致します。(まつ)

----------------------------------------------------------------------
┌──────────────────────────────────
│(-。-;) ←こんなあなたや _| ̄|○  ←こんなあなたが
│ (^0^) ←こうなるメールマガジンを目指します!
└──────────────────────────────────
│ 横浜市社会福祉士会メールマガジン“赤レンガ”
│◆発行責任者:須田幸隆
│◆編    集:横浜市社会福祉士会広報委員会(楠元・井上・松下)
│◆発行周期 :1年に4回の配信予定!がんばりますo(^-^)o
│◆E-Mail :hamajimu@m03.itscom.net(事務局)←ご意見・情報等はこちら
│◆URL :http://www.asahi-net.or.jp/~zi8y-SD/yacsw/yacsw1.html
│◆ブログ :http://blog.goo.ne.jp/yacsw/
│◆掲示板 :http://www.wel.ne.jp/staff/fukushi/cgi-bin/fifa/fifa.cgi
│◆かもめ座:http://blog.goo.ne.jp/geki-kamome/)
│◆赤レンガ: http://yacsw.exblog.jp/)
└──────────────────────────────────
[PR]
by hama-sw | 2006-01-01 18:43